2011年01月05日

日本版401Kについて考えてみた。

概略。
401Kとは「確定拠出型年金」のこと。

従来型の年金は老後になると給付額が
いくらと決まってるので、
年金を受け取るために毎月払う(拠出する)。
今現在。これが「確定給付」型年金。

 
で、「確定拠出」型年金とは拠出額(積立金)は
確定してるけど、
老後に受け取る年金額は逆に不確定!
掛け金を本人が運用しるので、
受け取り金額は運用成績によって変わる。

ようは、本人次第。
本人の運用リテラシー、運用スキル次第。
自己責任でいきましょう!っていうこと。
自己責任だから将来金額が減っても
文句は言えない。なんせ自己責任だから。

でも、景気次第ってことじゃないか?
いくら運用が上手くても。景気の大きな
流れにはなかなか勝てるもんじゃないだろうし。

景気の良い時期に年金をもらう年齢になったら
その分多く貰えて、景気が悪ければ
その分少ないってことなんだろうか?
勉強不足。
もう少し調べないとね。

でも、何事も運が大事だな。。。

 





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 19:00 | 気軽にコメントを!(0) | 考えてみたシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: