2010年10月28日

龍馬伝がもうすぐ終わる。

1年間「龍馬伝」を見続けました。
「ハゲタカ」が好きだった私にとっては
この「龍馬伝」すごく面白かった。

しかし、視聴率は悪いという結果が。

その理由は諸説あるよう。

 
1.
龍馬伝の脚本や演出がマニアックで、
一般のドラマファンや大河カラーに慣れている
歴史ドラマファンには受け入れにくかった。

2.
龍馬伝も最初の方は23%台を取っていたが、
選挙番組などの放送時間のずれがあった時期から
だんだん下がってきて、見る習慣もずれた。

3.
画面は暗いし埃っぽくて見づらいし
カメラがゆらゆら動くから酔いそうになるし、
音楽は洋物っぽくて合ってないし
音量も大きいし、
その割には人物たちのセリフは小さくて聞き取りづらい。

4.
脚本もなんだかわかりにくい。
何でこの人がいきなり考えを変えたの?
この人はどんな立場の人?
説明不足で意味わかんない。
何が言いたいの?
独りよがりで見ていて楽しくない…。

5.録画して見る人が多くなった。

などなど。理由は多いようです。

(参照サイトより抜粋)


確かに、今までの大河ファンは見ないだろうな。
そう思う。うん。

でも今まで見なかった私は見た。
一年間見続けた。

これって、NHK的には成功なんじゃないか?

今まで見なかった層の掘り起こし、
NHK大河ドラマファンを育成するための
先行投資として。

ちなみに今後撮影方法も今まで通りの大河に戻っても
次回のドラマも見ようと思いますし、
もともとの大河ファンも戻ってくると思う。

そうやって、視聴者の底上げを図ったという点では
成功だよ、きっと。

なんだかんだ意見はあるとは思うけど、
楽しみにしてたドラマが終わるのは残念。
最終回は拡大版みたいなので楽しみにしてよう。

 





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 19:26 | 気軽にコメントを!(2) | 雑感
この記事へのコメント
勧善懲悪のストーリーが癇に障るんですよね。
龍馬をカッコ良く見せるのはいいんですが
そのために慶喜や奉行所の人間は救いようのないほどの悪人に描かれているし、陽気で気さくな人が多かったといわれる徳川時代の庶民達も打ちひしがれた表情ばかり出てきます。細かい所の史実がうんぬん、というより、時代背景に手を加え過ぎている。
あんな暗黒面しかない「日本」なんて守りたくないですよw
Posted by 龍馬 at 2010年11月03日 09:23
>龍馬さん
コメントありがとうございます。
確かにドラマを制作している方々の
想いがかなり前面に出ているドラマと
言えますよね。
私もその時代の歴史を深く知っていたら、
違った感想を持ったかもしれません。
Posted by 三十路の轍 at 2010年11月03日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: