2010年10月05日

「誰」を対象にデザインするのか。

夫婦と子2人からなる世帯「標準世帯」が
現在「標準」ではなくなってきてるそう。

現在の「夫婦と子世帯」の構成比は、
全世帯の28%にすぎず、
「シングル」の31%を下回った模様。
2006年に逆転。

ってことは、

 

商品や広告のデザインをするのも今までの
考え方をちょっと変えないといけないと言う事かも。

例えば、マンションや家の購入したい人が
「家族」ではなく「シングル」が多くなるのなら、
今まで広告でよく使われていた、
メインビジュアルも「家族写真」ではなく
「シングル」が満足いくようなビジュアルに
変更しないといけないということが考えられる。
(当然マンション購入者の統計も知る必要はあるのですが)

しかし、シングルの思考は多種多様で、
好き嫌いが偏ってるはずだから、
大きい枠での訴求がしくくいので
マス広告的には大変そう。

ネットとかDMとか利用してピンポイントに広告していく
やり方がメインになってくるのかも。
あくまで予想ですが。

シングルライフを豊かにする生活提案できるように
「シングル感覚」でいろいろ興味をもっていよう。

家族消費の時代の終焉
ファミリー市場は衰退し、シングル市場が主流になる
http://bit.ly/ce3Pyi【日経ビジネスオンライン】

先日秋葉原に行ってきましたが、
いつ行ってもスゴい。世界の「アキバ」です。
何でもありだ。あの街は。
ひとつの国、劇場のようになってる。

道に迷ったので、どうしようかと思ったのですが、
普通にピッコロ大魔王がいましたので、道を聞きました…。。

あそこまでなると、京都とか奈良とか、
またディズニーランドとかと同じで
完全な観光名所、テーマパーク。

あの街にシングルライフのヒントが
あるんじゃないかと思いました。

 






  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 19:00 | 気軽にコメントを!(0) | お仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: