2010年03月29日

「読書」について考えてみた。

今日、雪が降りました。3月末ってのに関東は…。

小説は娯楽としてはとても好きなのですが、私はどちらかというとビジネス書が好き。なぜなら、基本的に読書は「娯楽」ではなくて「投資」と考えているから。だから読書するとき、読み方を小説とは変えて読んでます。(あくまで私の読書感ということで)


福岡にいた頃、25、26歳くらいだったか、ある一冊のビジネス系の本を読んで(自己啓発の本ではなく)、「本を読むことは自己投資」という考え方になり、それが今のライフスタイルになってしまいました。


「年間60/月5冊」は本を読むという、目標も立ててた。どんどん増やして35歳までの読書数の中期計画をあげて、朝、1時間くらい早く出勤して誰もいない中、本を読んでた。今は、通勤時間がその代わりに。どうやら、今の状況をみると達成はできそうにないですが…。けど、そのおかげで今もある程度読めてるし、その内容が結構仕事やプライベートにも役たってたりしてる。上京することになったきっかけとして、読書の影響は多分にあると思う。

よく、「本を読みすぎても頭でっかちになる」とかいう話を聞くのですが、それは違うのではと感じてしまう。それは「読んでる人」がいう言葉だし。説得力がない。なんでも、ある程度のレベルに達するには、1万時間は必要ならば、あまり読書してなかった私は、圧倒的に時間が足りないと。小さいころ読むとしたらマンガ、本はほとんど読んでない。というか、嫌いでした…。であるなら、まずはたくさん読んで、慣れ、「量」をこなすことから始めてみた。

面白いと思った本やつまらん本も中にはたくさんあるのですが、本を読み続けると、同じようなことが書いていることに気づく。「そんなの始めから気づかないと!」と言われそうですが、これも「読んでる人」の言葉。まずは読まないと。で、それはたくさんの人が考えたことであって、ある意味「真理」。その「真理」を毎回読んでインプットすると、それを記憶するように。というか感覚的になったと思う。私は物覚えが悪いので、有効。

デザインの仕事でも同じ。20代は、何をデザインするかという「質」云々もあるのですが、とにかく「量」…。好き嫌いでなく、徹底的にアウトプットするのみ。デザインというか業務?残業100時間以上なんて当たり前だったし、土曜も出勤。残業手当はつかなかったが、それはそれでかなり勉強になった。アウトプット能力としてはかなり上がったのではないか?そのお陰で今では「考える」時間がとれてるので。良いこと悪いこと全て含め、今まだこの業界で働けて、しかも東京でできているのは、そのときの仕事と内外合わせて関係した人のお陰だと感謝。

話を戻して、ただ、今からはちょっと読書方法を変えて、よくある1,500円くらいのビジネス書はやめて(激減中)、中身を吟味してこれからも自己投資として読書を続けたい。また一貫性をもちつつ、しっかり反映できるよう読書すること。いろいろなジャンルに興味を持って、「ビジネス書だけ!」「小説だけ!」「マンガだけ!」とならないように。毎日通勤時間という読書時間があるから、この時間を有効に使わないともったいないし。

「池田信夫blog part2」より引用
読書には、大きくわけて2種類ある。一つは小説など「消費」として読む本で、これは読書そのものが目的なので、ゆっくり時間をかけて楽しむのがいいだろう。もう一つは、ビジネスマンが「投資」として読む本で、これはなるべく効率よく、最小の時間で最大の効果をあげることが求められる。大事なのは、何のために読むのかという目的を明確にして必要な部分だけ読むこと、そして自分の頭で考えること。最後に頼れるのは、自分の専門知識だけ。

使える経済書100冊:『資本論』から『ブラック・スワン』まで
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51396718.html


共感。







  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 18:49 | 気軽にコメントを!(2) | 日記
この記事へのコメント
雪ですか?!なごり雪ですね。
九州も今日は雪こそ降らなかったけど結構寒かったですよ。

私は最近大昔に読んだ本をまた読み返しています。
実家にいるときは時間だけはたっぷりあったので、4〜5冊を同時進行で読んだりしていました。
Posted by 黒森乗男 at 2010年03月29日 21:54
>黒森乗男さん
日本全国的に寒いんですね。まだまだマフラーが手放せない。
福岡はパルコできたり、期間限定H&Mができたり、経済的には暖かそうですね〜。
私も時間を見てまた本を読み返してみたいと思います。
Posted by 三十路の轍 at 2010年03月30日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: