2009年04月30日

もうゴールデンウイークかい?

今朝と帰りの通勤電車はなんと空いている。

多分もうゴールデンウイークで休んでんな。

さすが東京?

いや、なんかこれは不況による影響ではないかと思ってしまう。

働かないでお給料は払えないので、
休んで下さいってか!?





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 19:12 | 気軽にコメントを!(0) | つ〜か、東京

2009年04月24日

グリーン革命(上) を読んで。

グリーン革命(上)
トーマス・フリードマン (著), 伏見 威蕃 (翻訳)



やはり、こういうタイプの本でよくあるのだが、
翻訳の仕方が堅苦しい。
「○○○しないはずはない」のような言い回しで
読み取りにくいというのが目についた。

読んでる最中にいちいちそこでとまる。
単に私が慣れてないだけかもしれんが。

う〜ん、内容が膨大。

(上)と(下)があるのだが、
読み終えたのはまずは(上)。
(下)は読んでる最中。

(上)としては、石油や石炭等で
発生させる「汚いエネルギー」について、
どんだけ、それで中東が潤って、
テロの資金をアメリカ含め世界が自ら支援するという
矛盾を実態調査から詳細に報告している。

膨大な資料ですごいのだが、途中多すぎて疲れてくる。。。

今(下)の最中だが、どちらかというとこっちの方が
「楽しい」といえる。

(上)が現状であれば(下)は未来という位置づけ。

しかし、オバマ大統領もこの本に興奮し
政策に反影しているだけあって、
今の経済にかなりリンクするところがある。

世界の将来が、少しだけ見えた気になる
本ですな。

私としては疲れたが、
内容的には趣味圏だったので楽しめた。








  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 23:57 | 気軽にコメントを!(0) | 本です。

2009年04月23日

女性と通勤と新聞。

女性と通勤と新聞。

朝の通勤ラッシュ。
未だ慣れず。尋常ではない。

男性が電車の中で
新聞を読んでいる姿はよく聞く話。

東京に来て一番目についたのが、
女性が朝、ラッシュの中、
新聞をコンパクトにして読んでいる姿。
これが、本当に多い。年齢も幅広く。

キヨスクで日経新聞を購入。

東西線で、日本橋、茅場町の線だから
金融ウーマンが多いということもあるだろうけど。

大変だな。
けどそれが、
仕事をするにあたっての基本なんだろう。






  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 08:01 | 気軽にコメントを!(0) | 福岡と東京の違い

2009年04月21日

資格を取ろうかと思案中。

資格を取ろうかと思案中。

学生時からデザインの勉強をし、
今なお、一応その道を進んでいるのだが、
今まで一度も「資格」というものに
興味がなかった。

いや、あったとしても
デザイン業には資格というものを
もっていても、あまり意味がない。

実際に、あまり活用できないし。

が、今回、ちょっと思案中。

今やってる仕事には活かせる。
もちろんデザイン関係。

こちらに来るまでは不必要な内容。

この先、新たな道を進む為の
布石として、取っておいても
良いかと思って。
若干選択肢が増える。

嫁さんも東京に来て
いろいろ仕事の勉強会など、
積極的にコミュニティーに参加している。

私も見習おう。








  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 23:32 | 気軽にコメントを!(0) | お仕事

2009年04月19日

NHKスペシャル マネー資本主義を見て

2009年4月19日(日) 午後9時00分〜9時49分
総合テレビ

マネー資本主義 第1回
“暴走”はなぜ止められなかったのか
〜アメリカ投資銀行の興亡〜
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090419.html

ウォール街の重鎮と呼ばれる方々が出演していた。

以上な「競争」、以上な「市場原理主義」、
以上な「成果主義」、以上な「欲」。

「欲求」、「競争」はとめられない!?
そもそも、仕方ない?

当時、反対していた関係者もいたようだが、
時代の流れとともに排除されて行く。

ただ、実行犯で悪いのは
この重鎮たちで、
その裏には、「儲けたい」と思う、
ちょっとした成金富裕層や、
成金富裕層になりたい「普通のミドルクラス」の
マネーが流れ込んでるよ、きっと。

結局、誰のせいでもなく、
見えないところで誰ものが参加し、
成る可くして成ったという気もする。。。
犠牲になった人も多い。

世界大戦に変わって金融対戦だね。

その「ドン」の一人は、
『バブルははじけたが、また次の知らない世代が
違う商品で、違うゲームをきっと始める』と言う。

「欲求」、「競争」はとめられない?
止められないだろうね。

そういうことがないと、ニューヨークや
東京のような高層ビルは建たないよ。
様々な投資マネーが流れ込んでいるから
こんなビルが建ち、大都市になり得る。

次の崩壊はもっとデカイよ、多分。








  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 23:33 | 気軽にコメントを!(0) | 雑感

2009年04月13日

自家製ピザを作ってみた。

昨日日曜日、
嫁さんと自家製のピザを作ってみた。
しかも、生地も自家製。

IMG_0407.jpgIMG_0414.jpg
IMG_0417.jpgIMG_0420.jpg

1回目の焼きは半焼で、いまいち。
2回目以降は絶品だった。

やはり、手間ひま掛けただけはある。

IMG_0421.jpgIMG_0425.jpg
IMG_0426.jpgIMG_0428.jpg

自家製生地を作る時のポイントは、
薄いタイプ(カリカリのやつ)がおすすめ。

厚いふわふわタイプはコツもいるようで、
生地から作るのは難しい。

また、やってみよう。








  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 20:36 | 気軽にコメントを!(2) | 家族

2009年04月12日

お台場のジオラマ。

お台場のジオラマがあったので
撮影してみた。

daiba_mini.jpg

と、いいたいところだけど、実写。

今、広告やいろいろなところでよく見る、
写真家本城直季氏風に加工してみた。

アップルのスティーブジョブズ氏も
よく引用するピカソの言葉、
「優れた芸術家は真似る。偉大なる芸術家は盗む」。

ということで、スキルアップのためにも
まずは真似ることから。





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 01:00 | 気軽にコメントを!(0) | 日記

2009年04月11日

日本科学未来館へ行ってきた。

日本科学未来館へ行ってきた。
場所は台場。
フジテレビ湾岸スタジオの近く。
車で30分くらいのところ。

地図↓
日本科学未来館マップ

日本科学未来館外観1日本科学未来館模型日本科学未来館風景1日本科学未来館風景2

館長は毛利 衛さん。

photo_mouri.jpg

よくNHKスペシャルなどで、「宇宙物」があったら、
ここがよく使われたりするので、是非行ってみたかった。

その中で今回の目的は「3Dプラネタリウム」。
春休み子供達への企画として行われたのだが、
人気を博してのロングラン決定。
立体視プラネタリウム作品
「バースデイ 〜宇宙とわたしをつなぐもの〜」
これは見ないと。

ホームページ
http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/gaia/birthday.html

実際3Dめがねをかけて見るのだが、
想像以上に立体的。
目の前30cmくらいまで星や塵が飛んでくるので
思わず手を伸ばしてしまう。

大人でも十分楽しめる。
むしろ、いろいろ映画を見てきた大人のほうが
より楽しめるのでは。

ただ20分ほどしかないのでもっと見たく、
これからというときに終わってしまうので、
やはり子供向きなのか。。。

日本科学未来館館内A

特別展示としては「ターミネーター展」。
こちらは行かなかった。+1200円するし。

ロボットのコーナーでは
本田技研工業のASIMOがショーをしていた。

日本科学未来館ASIMO

彼は、走るよ。

しかも、

片足でボール蹴るよ!

すごいね。

子供が、中に入っているかというくらいの
滑らかな動きと安定感。

これからの課題は、他の物体の
動きを予測しながら歩く方向を決めたりする
「予測行動」を研究して発達させるらしい。

他にも、「科学」
深海物や宇宙物、そして医学など
様々なジャンルに興味をそそる体験アトラクションを
備えて展示されていた。

子供、楽しいだろうな。

日本科学未来館ロボット

昔、小さい頃に行った、
「北九州市桃園のプラネタリウム」を思い出した。
その、大きい版。
こうゆう、科学物は非常に好きなのだが、
(テレビ番組も含め)
どうしてか、理数の才能は私にはまったくない。
ただ、地球や宇宙や人体をデザインや絵という
目でみるとすごくきれいだと感じる。
そういう目で見てきたことが、今の職業にも
影響しているのかなと少しは思う。

話はもどって日本科学未来館の話。

一番この館内で人気と存在感があるのが
地球のでっかいモニュメント。

球体全面に細かい薄いモニターが
取り付けれれていて、その映像が動く。

雲の動きや自転している地球。

見とれた。そしてたわむれた。

日本科学未来館地球2日本科学未来館地球3
日本科学未来館元気玉1日本科学未来館地球1

結局ここには朝10時頃から15時程、
5時間くらいはあそんだ。昼食もとらずに。

ちなみに、朝早くに行かないと、
3Dプラネタリウムの整理券、
人気があってもらえないのです。





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 22:42 | 気軽にコメントを!(0) | プライベート

2009年04月09日

ルーティンの法則。

メモ

「当たり前のことを当たり前にやるルールのある家庭の子供や両親はストレスに強い」という。これは、家族の習慣の形成度が、ストレスフルな環境から個人の健康を守る因子となるというものだ。

 例えば

・ 食事の時間がだいたい決まっている
・ 家を出る時は必ず「行ってきます」と言い、家族が「行っていらっしゃい」と言う
・ 家に帰った時には必ず「ただいま」と言い、家族が「お帰り」と言う
・ 余暇はリビングなどで、家族でテレビを見たり世間話をしたりする

 こういった当たり前のことの繰り返しが日常の行動習慣となっている家族は、ストレスに強いことが、多くの実証研究で示されている。

 ルーティンは、2人以上のメンバーを巻き込んだ観察可能な、日々の反復性のある行動と定義。

 人間は生物学的に、周期性、規則性のある行動を好む傾向があり、ルーティンがあることは、人間が生きるための大きな基盤となり、一緒にルーティンを共有することによって、自分たちは同じグループのメンバーだと感じ、「自分はこのグループの一員だ」という帰属意識が芽生える。

 ルーティンはストレスの傘を生み出す、トリガーとなるのだ。同時に、ルーティンがあるとその行動を取らない、あるいは取れないメンバーの異変にも即座に気がつくことができ、メンバーがストレスの雨に濡れ始めた時に傘を差し出すことも容易にできる。

 つまり、「一緒に何かをやっている」という共通のルールや日常があって、初めて居場所を見いだすことができる。





  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 22:46 | 気軽にコメントを!(3) | 雑感

2009年04月07日

ガイアの夜明け

こちらにきて半年。
ようやくといっていいのか。

久々、気分が落ちたな〜。

「先が見える道と見えない道と、どちらを選ぶかと言われたら、
私はよく見えないほうを選んできたような気がする。
それがよかったかどうか、神様しかわからない。しかしともあれ、
退屈だけはしないで済んだ。」養老孟司「マトモでない私」より








  ↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 九州情報へ

posted by 三十路+α at 19:53 | 気軽にコメントを!(0) | 雑感